プロフィール

くーちゃん☆ゆずまま

Author:くーちゃん☆ゆずまま
住まい:静岡県西部

仕 事:パート事務

おてんば娘 ☆ くーちゃん
いたずら大将☆ ゆず

わんことの日々の出来事や
お出掛け日記です♪

メールフォームから
気軽にご連絡を下さいね☆

下のWANCLOCKで
くーちゃんは09:24/21:24
ゆずは   09:25/21:25
に登場しますよ~♪♪


フリーエリア


誕生日


リンク


2013年365日ヨーキーカレンダー


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂犬病の予防注射と健康診断・フェラリア検査をしてきました。

先生の診察
くーちゃんは、診察台の上でお腹を出して甘えるのですが
ゆずは、先生が「お顔を見せて」と向かい合せに抱っこをしても
絶対に目もあわせない始末。
プイップイッ ってなんだか笑えてきちゃった。

ハイドロセラピーの先生から膝の事で
気になる事があると言われていたのでその事も聞いてみないと。。。

しこりのような?軟骨のような膨らみが太ももの裏側に出来ている事。
手術した足も少しぐらぐらしているから大丈夫かと。
反対の足もいつか手術を考えたほうがいいでしょうと。

しこりのような軟骨のような膨らみが手術前にはなかったような?
癌だったらどうしようとか、軟骨だったなら失敗なの~
なんであんな思いをしたのに膝がゆるいの~

初めにその話を聞いた時は、動揺したけど。
私達が見ている分には、術前よりしっかりした動きになっているし、
以前は、フラッシングした後は、よろけていたけど今はそれもない。

医者には聞きにくい事でしたが、正直にお話してみました。


軟骨のようなしこりは、手術の時に膝の上の筋肉を少し切開しました。
お皿が内側へと動いてしまっていて筋肉もそちら側に引っ張っていた為。
これは手術前にも術後にも説明を受けていました。
その筋が萎縮した固まりでした。生活には問題ないものだと。

手術した膝が少しゆるい事には、関節部分なのでがっちり固定はしないで
遊びがないといけないそうです。十字靭帯もお皿もしっかり前にきているので
大丈夫だと。
反対の膝は、今の所グレード2なので手術をするほどではないと。

術式でボルトなどしたらもう少し固定度も上がっていたかもしれませんが、
先生はあまりボルトは使用しないみたいです。
そのために靭帯や筋肉を引っ張って安定度を測るそうです。
骨も削ってはまりをよくしたのですが、その溝が少し浅かったのかな~?
でもこんな細い骨を一気に削って失敗したら大変だったでしょう~

私達もボルトを入れて骨が弱くなってしまうのも嫌だし、
先生の術式に納得がいきました

ただ手術をすると100%の完治するって思っていたところ も
あったのですが、やっぱり手術した足はそれなりに弱くなっているかも。
でもあのままでは、靭帯切断って事もあったので後悔はしてません。

反対の足の事は進行させないこと。
手術は出来るだけ避けていきたいと思います。
(痛みが出ていたり、歩行が困難な場合は別ですが)

パテラとは、今後も上手に付き合っていこうと思います。
ウエイトコントロール頑張らないとね。

健康診断の結果も異常なし、フェラリア検査も異常なし。
今年も健康に気をつけていこうね

とっても元気になりました
300.jpg

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。